沖縄県石垣島の社会福祉法人 希望ヶ丘のホームページへようこそ お問い合わせ アクセス 
ホーム
初めての方へ利用案内
サービス・施設のご案内
ケアハウス ばすきなよお
デイサービスセンター ゆりヶ浜
ケアサービスセンター てふ・てふ
通い所 てふ・てふ
ケアプランセンター てふてふ
在宅介護支援センター てふてふ
資料・配布物
事業所・家族会だより
希望ヶ丘について

トピックス

No. 170 ケアサービスセンター てふ・てふ
元気すぎるおばあ
2011/07/04-09:01

おじい、おばあといると話が尽きない。
いつもたわいもない話をしているがたまに自然と涙が出てしまうことだってある。

私は地元の高校を卒業しているが、所詮は「ないちゃ〜(本土から石垣島に移り住んだ人)」だ。
地元の言葉はほとんど分からない。
9割のおじいおばあは私に分かる言葉で話してくれるが、1人どうしても私が理解できないおばあがいる。
それがHさんだ。

Hさんは元気がよくいつもいろんな話をしてくれる。
私はほぼ何を言っているのか分からないが、それでも私とおばあは毎日身振り手振りで何とかコミュニケーションを取っている。
おばあの言葉の意味が分からない時は頭の中で大半は推測するが、それでも分からない時は地元のスタッフに助けを求める。

ある時、私は意を決して1つずつでもおばあから石垣の言葉を学ぼうとおばあの言葉を聞くことに集中した。
そんなうちらの会話はやがて空を横切る飛行機によって遮られた。
2人の声がかき消されるぐらい大きな音を出して飛行機は飛んで行った。
私は「まずはこれだ!」と思い、空を指さして

「おばあ! あれは何てが(方言で)言う?」と聞いた。

おばあは不思議そうに、私の目を見ながら言った。

「飛行機さ!!!」

そこは標準語なんだね。。。 そりゃそうだ。。。

次の日には私たちによる身振り手振りの会話が戻っていました。
まだまだ考えが甘い「ないちゃ〜」によるつぶやきでした。
出直してきます。





(Sorry! this home page is Japanese Only!)
あなたの
コメント
(日本語のみ)
名前(名前は10文字以内) 


[ 管理 ]