沖縄県石垣島の社会福祉法人 希望ヶ丘のホームページへようこそ お問い合わせ アクセス 
ホーム
初めての方へ利用案内
サービス・施設のご案内
ケアハウス ばすきなよお
デイサービスセンター ゆりヶ浜
ケアサービスセンター てふ・てふ
通い所 てふ・てふ
ケアプランセンター てふてふ
在宅介護支援センター てふてふ
資料・配布物
事業所・家族会だより
希望ヶ丘について

トピックス

No. 357 ケアサービスセンター てふ・てふ
AWWAの皆様ご来島!第3弾
2012/04/06-17:18

最終日は観光も兼ね、西表島へと出発した。(私も同行)
西表島と言えば由布島。
私にとっても初めての由布島!

Today is the last day.
They went to Iriomote Island (I also went along with them).
After visiting a facility there, it was their time for sightseeing.
There’s a small island just off the Iriomote Island called, “Yubu Island.”
This was also my first time to go to Yubu Island.


21名と人数が多いため、大体の行動が大きく2つのグループに分けられた。
私達は、2台の水牛車に揺られ海を渡ることになった。

Since there were 21 of us, we were separated into two groups.
We took buffalo crafts in order to get to the Yubu Island.
It’s a long sandy beach with shallow water, which makes it possible for water buffalo to go across the ocean.

1台目の水牛車(もう1人の通訳同行)が先に出発した。
楽しそうに、三線の音楽とガイドの歌声、そしてみんなの手拍子が海中に響いた。

The first buffalo craft had departed with a translator from AWWA in it.
A singing voice with sanshin by the guide was resonating in the clear water.

そして、いよいよ私達が乗る水牛車の準備が整った。
出発しんこぉ〜!!!
のはずが、こちらのガイドは最初から最後までしゃべり通しだった。←トホホ・・・(涙)。
「島の唄が聴きたいの〜〜〜!!」と叫びたかった。
もちろん周りの景色を見ている余裕なんて私にはなかった。

Another buffalo craft got ready for us.
“Let’s gooooooo!” we were excited for the sightseeing.
The guide on this craft was a “chatty guy.”
As long as he was talking, I had to translate after him
With a blowing wind and wave, it was loud enough that I had to shout out so that everyone could hear me.
I wonder how many people could actually hear me.
“So much for the nice traditional Okinawan song…”.

帰りの水牛車の隣では軽トラがゆっくりと私達を追い越して行った。
それはそれでなかなか見れない光景だった。

On the way back, a car passed by our buffalo craft.
A car driving in the ocean; you don’t see that every day.





(Sorry! this home page is Japanese Only!)
あなたの
コメント
(日本語のみ)
名前(名前は10文字以内) 


[ 管理 ]