沖縄県石垣島の社会福祉法人 希望ヶ丘のホームページへようこそ お問い合わせ アクセス 
ホーム
初めての方へ利用案内
サービス・施設のご案内
ケアハウス ばすきなよお
デイサービスセンター ゆりヶ浜
ケアサービスセンター てふ・てふ
通い所 てふ・てふ
ケアプランセンター てふてふ
在宅介護支援センター てふてふ
資料・配布物
事業所・家族会だより
希望ヶ丘について

トピックス

No. 395 ケアサービスセンター てふ・てふ
老人性難聴
2012/10/18-17:41

年を重ねるとほとんどの人の耳が遠くなる。
私の母(60代)も「突発性の難聴か?!」と思うほど会話が取りにくい時があった。
その時、心配して耳鼻科に行ったら原因は耳垢つまりだった。
きれ〜いに掃除してもらって、帰ってきたら嬉しさのせいか母はずっと歌いっぱなしだった。(上手下手は別として・・・)
私と父はそれに合わせて、横でバレエ(らしきもの)を踊っていた。

それはさておき、てふてふの利用者はご存知の通り、お年寄りだらけである。
たまにだが、耳の遠いお年寄りから電話がかかってくると、私も含め応答する職員が見ものである。
どんなに大きい声で話しても相手には聴こえない。
低い声で話してみたり、高い声で話してみたりと出来る限りのことを試みるのだが、未だに解決策は見つかっていない。

今日も事務所に、ある利用者Mさんから電話がかかってきた。
Mさんは最初からこちらの話は全く聴く気はない。

今日は、てふてふ職員のKさんが電話に答えた。
Kさんの発する言葉は全て利用者Mさんによって遮られた。

「こ・・・、あ・・・・・・・、はい・・・・・・、あの・・・・・・お・・・・・お〜お・・・」

電波の悪い携帯か!

それでもKさんは一生懸命こちらの話を聞いてもらおうとするのだがなかなか上手くいかない。
追い詰められたKさんは、全身全霊を込めて言い放った言葉だったのだろう。

「もしもしもしもしもしもしもし?・・・」

Kさんの気持ちはとてもよく分かる。
結局、電話は一方的に用件を伝えられ、一方的に終わった。

私は、Kさんの肩をポンポンとたたいた。
励ましの「ポンポン」だった。

次は私の番だろうか・・・?


(Sorry! this home page is Japanese Only!)

コメント

事務局
Kさんは、男性?女性? どーでもいいことが気になる今日この頃です。 (2012/10/19-17:33)

あなたの
コメント
(日本語のみ)
名前(名前は10文字以内) 


[ 管理 ]